りえこ歯科・矯正歯科クリニック

  • 0480780770
  • 今すぐ簡単ネット予約

りえこ歯科・矯正歯科クリニック

小児矯正について

当院の小児矯正 3つの特徴

総合的な治療で歯並びを改善します

見た目だけでなく、機能面も重視した矯正治療をご提案します。当院では虫歯や歯周病治療もおこなっておりますので負担が少なく効率的に歯列矯正をうけることができます。

全身のバランスを考えた矯正治療を
ご提供します

歯並びや噛み合わせを改善し、お口だけでなくお顔や身体のバランスまでアプローチします。
精密な検査はもちろん、普段の姿勢や癖などの観点を含めて正しい噛み合わせになるように治療をおこなっていきます。

後戻りしにくいお口のトレーニングに力を入れています

マウスピース型の装置を用いて、MFT(口腔筋機能療法)とよばれるお口のトレーニングをトレーナーとおこない、歯並びが悪くなる癖や原因を改善していきます。小さいうちから歯並びが悪くなる原因を取り除くことで、将来的に矯正治療の必要がなくなったり、抜歯をしない矯正治療をおこなうことが可能になります。

子どもに負担の少ない矯正治療なら当院におまかせください。

お子さまに当てはまるものはありませんか?

出っ歯
歯並びがガタガタ
受け口(下の歯が前に出ている)
歯のすき間があいている
歯が閉じない
嚙み合わせが良くない
このような歯並びの場合は早めの相談が必要です。

歯並びや噛み合わせが
悪いことのデメリット

歯並びや嚙み合わせの乱れは、口腔内の環境だけでなく、身体全体の健康や精神面にも影響を生じる可能性があります。

悪い歯並びや嚙み合わせによる悪影響

  • 食べかすが溜まりやすく、歯も磨きにくくなるため、虫歯や歯周病にかかりやすくなる
  • 嚙み合わせが悪いことにより発音がしずらくなる
  • 歯並びがコンプレックスになり、人前での笑顔や口を開けることをためらったりする
  • 顎のバランスが悪くなることで、姿勢が悪くなったり、肩こりなど身体の不調が起きやすくなる

歯並びが悪くなる原因

マウスピース型の装置を用いて、MFT(口腔筋機能療法)歯並びが悪くなる原因は、遺伝などの先天的な要因と、あごの発育不足や虫歯・歯周病、指しゃぶり、口呼吸などの悪い癖によって引き起こす後天的な要因があります。
お子さまの症状に合わせた歯列矯正をおこないながら、悪習癖を改善していくことが大切です。

矯正治療を早く
はじめるメリット

永久歯が1本でも生えてしまうと大人と同じ矯正方法となり、治療にかかる金額も上がってしまいます。
いつか矯正させたいと思っていてもお子様の成長は常に進行するもの。早めのご相談と治療をご検討ください。

また、小児矯正は、あごの骨のバランスや幅などを整える『1期治療』と歯並びを整える『2期治療』があります。1期治療は4歳前後から、2期治療は10歳頃から成人になるまでにおこなわれます。
矯正治療は大人もおこなうことができますが、あごの骨がまだ成長段階の幼少期から矯正治療を始めることによって、より理想的な歯並びが期待できます。

4歳〜5歳から矯正治療を始めるメリット

  • 金額的負担が抑えられる
  • 永久歯を抜かずに矯正できる可能性がある
  • 虫歯や歯周病になるリスクを軽減できる
  • 発音がしやすくなる
  • あご(お顔)のバランスを整えることができる
  • 治療期間を短縮できる可能性がある
  • コンプレックスが解消される
子どもに負担の少ない矯正治療なら当院におまかせください。

小児矯正の種類

固定式拡大装置

歯列の横幅を拡大していく装置です。臼歯を金属のバンドで固定するため、取り外しはできませんが、時間をかけて幅をひろげていくため痛みや違和感が少なくなります。八重歯や内側に向いて生えている歯の矯正に適しています。

プレオルソ

取り外し式で、入れる時間や使い方が決まっています。歯並びだけでなく、お口周りの筋肉のバランスを整えることができ、特にあごが成長段階の子どもの矯正に適しています。

マイオブレス

マウスピース型の器具を装着しながらトレーニングをおこない口周りの筋肉を整えることで、歯並びや嚙み合わせの改善をする治療方法です。取り外しができ、装着時間も短いためお子さまの負担がかかりません。

ワイヤー矯正

歯に金属ワイヤーを固定して歯並びを整えていきます。個々の歯を移動させることができるため、幅広い症例に対応しています。

機能的矯正装置

ワイヤーとプラスチックでできている装置で、噛む力やお口周りの筋肉を利用してあごの骨の成長を促進させます。取り外し可能なため、お子さまの負担を減らして矯正治療ができます。

急速拡大装置

上あごの歯列を横に広げる固定式の装置です。装置の中央にある拡大ネジを回して幅をひろげていきます。上あごの内側に装着するため、表からほとんど見えません。

実際の症例

◆ 出っ歯・叢生の矯正治療の症例

【要望】前歯が出ていてガタガタが気になるので矯正したい
【矯正開始年齢】7歳から開始

[before]
[after]
[before]
[after]

【矯正期間中の様子】

治療名:固定式拡大装置による矯正治療
治療期間:2017年6月19日〜2019年7月22日
かかった費用:検査 33,000円/診断 5,500円/治療 440,000円(全て税込)
副作用・リスク:拡大装置を入れている期間は喋りにくかったり、ガムやおもちなど粘着性のものは装置に詰まってしまうので食べられません。

◆ 出っ歯・叢生の矯正治療の症例

【要望】前歯の横の歯が下がって見栄えがわるいため矯正したい
【矯正開始年齢】8歳から開始

[before]
[after]
[before]
[after]

【矯正期間中の様子】

治療名:機能的拡大装置による矯正治療
治療期間 :2018年7月21日〜2021年7月10日
かかった費用:検査 33,000円/診断 5,500円/治療 440,000円(全て税込)
副作用・リスク:拡大装置を入れている期間は喋りにくかったり、ガムやおもちなど粘着性のものは装置に詰まってしまうので食べられません。

治療の流れ

1.無料矯正相談

楽しくお話しすることでスタッフや歯医者に慣れることから始めます

2.精密検査

現状のお口や歯並びの状態をしっかり把握するため、「問診」「レントゲン撮影」「歯の型取り」「嚙み合わせチェック」などの精密検査をします。

3.診断・治療計画の作成

検査結果から診断をおこない、矯正治療の方法や矯正期間を相談しながら決めていきます。

4.コンサルテーション

検査結果のご報告と治療計画や費用面のご説明をおこないます。患者さまのご希望をしっかりとお聞きし、できるだけ丁寧にご説明いたしますのでご安心ください。

5.矯正治療開始の準備

治療計画にご同意いただけたら、矯正治療を始めます。検査時に虫歯などが見つかった場合は、事前治療をおこないます。

6.矯正治療開始

月1回~半年に1回の程度でご来院いただき、お口のチェックと装置の調整をおこないます。

小児矯正の料金

検査料金など

矯正検査料 33,000円(税込)
*レントゲン、歯の型作成、写真撮影など
診断料 5,500円(税込)
*検査後の診断結果の説明
治療開始後の写真撮影 お口の中の経過の写真撮影:
3,300円(税込) 半年に1回
パントモ・セファロ撮影:
16,500円(税込) 1年に1回

矯正施術料金

第一期治療(2年) 440,000円〜550,000円(税込)
*乳歯列期・混合歯列期・永久歯列前期
期間延長:1年ごとに110,000円(税込)
第二期治療(継続治療) 220,000円〜275,000円(税込)
*混合歯列期・永久歯列前期から本格矯正に移行した場合

ブラケット各種

本格矯正
(マルチブラケット)
永久歯列期の一般症例:
715,000円(税込)
永久歯列期の難症例:
770,000円〜825,000円(税込)
審美ブラケット追加料金 強化プラスチック:
上下顎・前歯部 55,000円(税込)
片顎・前歯部 27,500円(税込)
セラミック:
上下顎・前歯部 77,000円(税込)
片顎・前歯部 38,500円(税込)

処置料・観察料

装置調整料金 毎月5,500円(税込)
*チェック・リコール/乳歯列期・第一期治療における装置調整料金
指導料 毎月5,500円(税込)
*本格矯正治療時における指導料

お支払い方法

現金払い、クレジットカード払い、デンタルローンに対応しています。

デンタルローンのご紹介

矯正治療を受けたい!という思いを治療代であきらめないでください。
当院では月々わずかな負担で治療をお受けいただけるデンタルローンのご紹介もしております。
ご希望の方は以下URLからご確認いただくか、直接スタッフにお問い合わせください。
https://www.aeonbank.co.jp/loan/netfree_loan/dental_loan.html

子どもに負担の少ない矯正治療なら当院におまかせください。
pagetop
電話をかける 24時間 Web予約