りえこ歯科・矯正歯科クリニック

りえこ歯科・矯正歯科クリニック

小児歯科について

当院の小児歯科の特徴

楽しく治療に慣れていける
トレーニングルーム

お子さまが初めて治療をお受けいただく前に慣れ親しんで頂いたり、キッズセミナーなどで使用するトレーニングルームをご用意しています。

お子さまの歯を守るキッズクラブ

ブラッシングの練習や、歯科衛生士によるクリーニング、虫歯予防など、お子さまの歯を守れるよう、一人一人にあわせてメンテナンスをおこなっています。楽しく通ってもらえるようにプレゼントやごほうびガチャも用意しております。

治療中に映像を楽しめる天井モニター

不安な治療中も、天井のモニターでアニメなどをご覧いただけるため、リラックスして治療を受けていただくことができます。

退屈せずに待ち時間を過ごせる
キッズスペース

フカフカで過ごしやすいマットのあるキッズスペースでは、待ち時間も退屈せずにお過ごしいただける環境を整えています。

リラックスして治療を受けられる
笑気麻酔

副作用が非常に少ない鎮静法で、治療に対する精神的ストレスを緩和したり、興奮による心拍数の上がりすぎを防いだりすることができます。

治療で泣く子のいない歯医者

当院ではお子さまを泣かすことなく治療することが可能です。お子さまを歯医者嫌いにしたくないというご家族にピッタリの医院です。

お子さまが楽しんで通う歯医者です

医院内にはお子さまが楽しく通う仕組みがいっぱい!明るいつくりもお子さまが楽しく通える秘策の一つです。

たくさんのお子さまがむし歯ゼロ達成

普通の歯医者はむし歯ができてから通うと思います。当院ではお子さまのお口をむし歯にさせない、小児予防歯科に力を入れております。

待ち時間なし

お子さまは少しでも待つと飽きてしまうもの。そこでりえこ歯科矯正歯科クリニックでは予約時間ピッタリに診療できるよう院内オペレーションを徹底しております。

小児治療の流れ

はじめてのお子さまは、いきなり診療台に案内せず、まずは慣れるためのトレーニングをしていきます。
痛みがあるとゆっくり慣らしていくのが難しい場合もあるので、痛みがなくても慣れるために定期的にご通院いただくことをおすすめします。

1.問診

飲食回数、フッ素塗布頻度、DMF(う蝕経験指標)歯数、汚れ具合をお伺いします。
むし歯リスクを点数化して、視覚的にわかりやすくします。

2.初診・トレーニング

問診後、お子さまをユニットに誘ってみて、様子を見ながら診察をはじめます。
ユニットに行くのが難しいお子さまは、トレーニングルームに案内し、楽しくお話をしたり、慣れてきたらお口を開ける練習や歯ブラシ練習をしていきます。
本人が治療台に移れるようになれば、ユニットでトレーニングや治療に進みます。

ユニットに行くことができないときは、治療せずにサホライドなど(虫歯の進行を止めたりする薬)で管理していき、治療できる年齢になったら治療に進めることも可能です。
管理の場合は、口腔内が悪化しないよう定期的にご通院いただく必要があります。

3.検査

口腔内の状況チェック、歯式、必要に応じてレントゲン撮影などを行います。

4.治療

できるだけ削らなくてもよいように、広く治療内容を検討しております。

5.メンテナンス

フッ素塗布や定期的な検査、クリーニングでむし歯にならないようにしていきます。

トレーニングの順番

01.

楽しくお話しすることでスタッフや歯医者に慣れることから始めます

02.

お子さまを保護者の方のひざ上に乗せてお口の中を見せていただきます

03.

慣れてきたら診療チェアに上がっていただきます

04.

診療チェアでじっと座っていられるようにします

05.

必要に応じてレントゲンの撮影を行います

06.

治療を行います

07.

虫歯にならないように定期的なメンテナンスをしていきます

年齢別治療内容

~0歳

  • マタニティ歯科での妊婦検診
  • 妊娠性歯周炎を予防するためのケア
  • 妊婦さんに配慮した治療

0~2歳

  • 口腔育成アドバイス
  • 生活習慣のチェックや指導
  • 食育サポート
  • キッズクラブで体を作る遊びを行う

3~4歳

  • 口腔機能トレーニングを行う
  • 仕上げ磨きをしっかり行う
  • 歯ブラシの習慣をつける

5~9歳

  • 永久歯にシーラントを行う
  • 小児予防矯正(プレオルソ、MFTなど)を始める

10歳~

  • 3~4ヶ月に1回程度の定期健診
  • 歯列矯正を始める
  • 道具を使用しない歯列矯正(姿勢咬合)

小児歯科

乳歯の虫歯も治療が必要です

小児歯科

乳歯だからといって虫歯になっても問題ないと考える事は、大変危険な事です。乳歯には丈夫な永久歯が生えるための準備するための役割があったり、永久歯を正しい位置に導くといった役割があります。その他にも、あごの骨の成長や知能の発達、正常な咬み合わせにも影響を及ぼしています。

さらに、虫歯は感染症であるため、虫歯がある状態で抵抗力の弱い新しい永久歯が生えてくると、永久歯が虫歯になるリスクは高まります。

生えたての歯はとてもデリケートです

生えたての永久歯は、乳歯と永久歯が混在する事で歯並びがでこぼこしてしまう傾向にあり、表面が粗く汚れが付きやすかったり、抵抗力が低い状態です。つまり、虫歯になりやすいデリケートな時期という事です。

また、永久歯がなかなか生えてこなかったり、乳歯が抜けないなどこの時期のトラブルはつきものです。子どもの歯に異常を感じたら、お早めにご相談ください。

虫歯になりにくい口へ

生まれたばかりの赤ちゃんのお口の中は無菌状態で、虫歯菌はいないと言われています。では、なぜ虫歯になるのでしょうか?

虫歯は感染症です。つまり、お口のスキンシップなどを通して周囲の大人の方から子どものお口に虫歯菌がうつり、虫歯に感染してしまうのです。

虫歯菌に感染しやすい時期は、生後1歳7ヵ月~2歳7ヵ月の間です。
この生後1歳7ヵ月~2歳7ヵ月の間に、子どもと同じ箸やスプーンを共有しない、咬み与えをしない等、お口のスキンシップを控える事で、成長した時の虫歯の本数を少なくする事ができます。

また、24歳(またはその前後)を過ぎると、新しくできる虫歯の本数はとても少なくなります。子どもへの虫歯菌の感染に十分注意しながら、成人まで虫歯のない健康な歯を維持する事ができた場合、一生、虫歯のない健康な歯でいられる可能性が高いという事が言えます。

虫歯の予防

歯磨き指導

1.歯磨き指導

子どもが歯磨きを好きになるように丁寧に指導致します。
歯磨き、ブラッシング指導では、虫歯を防ぐために効果的なブラッシング法を楽しみながら、歯科衛生士が丁寧に指導していきます。

フッ素塗布

2.フッ素塗布

萌出したばかりの乳歯は歯質がまだ脆弱なため、歯の表面にフッ素を塗布する事により、唾液中に含まれるミネラルを取り込みやすくする事で再石灰化を促進します。

シーラント

3.シーラント

虫歯になりやすい奥歯の溝の部分にプラスチックを流し込み、虫歯の予防をする処置です。歯を削らずに行えるため、痛み無く治療できるのが特徴です。

pagetop
電話をかける 24時間 Web予約